下痢と便秘を繰り返す

下痢と便秘を繰り返す。たった2つの真実!

見逃せないオススメ情報!

のみやすい青汁|青汁畑

下痢と便秘を繰り返す。たった2つの真実!

見つけました!

 

 

下痢と便秘を繰り返す。たった2つの真実!

 

日々、お腹の不調と戦いながら、なんとか日常生活をしている。
そんな人がなんと、960万人もいるそうです。

 

もう、慢性的に下痢などで苦しいい生活から抜け出せない。
そう思って諦めている方も多いと思います。

 

そういう私もそのひとりでした。

 

でも、
なぜこんなにも下痢を繰り返してお腹の不調に悩むのだろ?
それこそそういうストレスが原因ではないのか。
そう考えるのも当たり前かもしれない。

 

だから、これまでストレスが主な原因と言われてきたのかもしれない。

 

どれだけストレス対策をしてもなかなか治らない。
こんな状態では、そもそもストレスを取り除くことなんて無理。

 

もう・・・・。

 

諦めるしか・・・・。

 

 

過敏性腸症候群を回復させる2つの真実

 

NHKの健康番組
「ためしてガッテン」

 

見つけた!

 

ストレスが引き起こす過敏性腸症候群

慢性的な下痢に悩まされる人が病院で診察を受けると「過敏性腸症候群」という病気だと診断されることが多くあります。そして、その主な原因はストレスだと考えられてきました。

 

脳がストレスを受けると腸が過敏状態になります。すると少しの刺激でも痛みや不快感を感じてストレスになってしまいます。その状態が続くと今度は脳も過敏状態になり、ささいなこともストレスに感じるようになります。
そしてそのストレスがさらに腸を過敏させ・・・
「脳の過敏状態」と「腸の過敏状態」、この二つの状態が悪循環に陥り、病気が悪化してしまうのです。

 

ストレスではない“新”犯人とは!?

ストレス以外の過敏性腸症候群の原因とは何かを探るため、ある実験をしました。5人の男性の中から、内視鏡検査や問診をすることなく、誰が過敏性腸症候群かを見抜くことができるという専門家にご協力いただきました。
実験の結果、専門家は見事正解!実は、5人の男性が吐く「息」に秘密が隠されていました。息の中に含まれるメタンガスや水素ガスの割合が高い人は、過敏性腸症候群である確率が高いのです。そして、そのガスを作り出す原因こそが、今回新たに見つかった過敏性腸症候群の犯人なのです!
その犯人とは「腸内細菌」。でも、腸内細菌は誰もが持っています。一体何がきっかけで、下痢を引き起こしてしまうのでしょうか?
腸内細菌は普段大腸にいます。しかし、かぜでおなかを壊したり、食あたりでおなかを壊したりすることがきっかけで小腸にも住み着いてしまうことがあります。本来、小腸には腸内細菌がほとんどいません。小腸は腸内細菌を異物と見なし追い出そうと激しく運動。その結果、食べ物が未消化のまま大腸に達してしまい、下痢になるのです。
慢性的な下痢の原因は、腸内細菌が小腸で異常増殖したことも考えられるのです。

 

“新”犯人をやっつける!簡単対策法

慢性的な下痢で、腸内細菌が原因の場合は小腸に異常増殖した腸内細菌を撲滅するのが有効です。
海外の研究では抗生物質を投与すると症状が改善したという報告があり、医療現場でも処方されていますが、日本国内では保険適応ではありません(※抗生物質をむやみに服用すると重大な副作用が生じることがあります。くれぐれも自己判断で服用しないでください)。
そこで、手軽に実践できる対策法が腸内細菌を兵糧攻めにする方法です。

 

ある日突然…謎の下痢の意外な原因

ある日突然、慢性的な下痢になってしまった二人の症例をご紹介します。
一人は、胸焼けの治療を続けていたところ、激しい下痢に教われました。もう一人は、高血圧と腰痛の治療をしていたら下痢になりました。
二人に共通する「ある原因」とは一体何でしょうか?

 

正解は「薬」。
ある種類の胸焼けの薬、高血圧の薬、鎮痛薬などを飲み続けたり、2種類以上を組み合わせて飲むと、薬を分解する酵素が足りなくなり、分解されないまま大腸に到達することがあります。
すると、大腸は薬の成分が有害であるかもしれないと考えて自らコラーゲンのバリアを作って吸収しないようにします。大腸は本来便の水分を吸収してくれる臓器なので、バリアができてしまうと水分の吸収まで妨げられ、下痢を引き起こすのです。
原因となる薬を同じような効果を持つ他の種類の薬に変えると症状が改善します(薬に関しては必ずかかりつけの医師に相談してください)。
どんな薬が慢性的な下痢を引き起こす可能性があるかは「今回のお役立ち情報」で!

 

今回のお役立ち情報

 

小腸の腸内細菌をやっつける!兵糧攻めの方法
  1. 食事を腹8分目にする
  2. 2.空腹時間を8時間以上確保する

 

例えば、深夜に食事をした場合は朝食を抜きます(症状が治るまでの一時的な対策です)。
空腹時間を長くすることで栄養分が小腸の腸内細菌に十分に行き渡らなくなり、数が減少すると考えられています。

 

慢性下痢を引き起こす可能性がある薬

 

  1. 胃薬・・・プロトンポンプ阻害薬
  2. 鎮痛薬・・・非ステロイド性抗炎症薬
  3. 高血圧の薬・・・カルシウムきっ抗薬

 

これらの薬を長期間服用したり、2種類以上を組み合わせて服用すると下痢を引き起こす可能性があります。同じような効果を持つ他の薬に変えると症状が改善しますが、薬に関してはかかりつけの医師に必ず相談してください。

 

 

・・・NHKの健康番組「ためしてガッテン」より・・・・

 

 

この番組内容でわかったことは
しつこい下痢の犯人が、2つあるというものです。

 

これまでストレスなどが主な要因として考えられてきましたが、
それをもっと突き詰めると、
主に、この2つが原因ではないかということです。

 

  1. 腸内細菌が原因の慢性的な下痢の場合、小腸に異常増殖した腸内細菌を撲滅する。
  2. 「薬」により大腸が自らコラーゲンのバリアを作って水分の吸収が妨げられて下痢を引き起こす。

 

 

 

 

 

 

 

 

天然美通

 

 

 

スペシャリストがイチオシ!腸内環境サプリメント!

 

乳酸菌生産物質という成分が腸内環境を整えることで効果を実感させます。

 

メディア露出が多いスペシャリストたちがお勧めするサプリメントです。

 

 

天然美通

 

 

 

 天然美通大豆発行熟成エキスで美腸

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事はコチラ!

水が腸を綺麗に 水が腸を綺麗にするとは?最近流行りの水素水とか、ダイエット関連のものではありません。 ごくごく普通の「水」です。

過敏性大腸症候群 改善 ⇒続きはコチラ 

機能性胃腸障害 検査(胃カメラ等)や血液検査をしても、胃や大腸などの消化管に異常がない。 なのに、お腹が痛い、気持ちが悪い、吐く、お腹が張る、下痢をする、などの症状があらわれます。

過敏性大腸症候群 改善 ⇒続きはコチラ 

自律神経整える 自律神経が改善するのか?気になりませんか? 下痢や便秘を繰り返す体調不良には自律神経が大きく関わっているかもしれません。 そもそも、

過敏性大腸症候群 改善 ⇒続きはコチラ 

IBSの口臭予防 お腹の調子が悪いと、口臭が・・・。 お口の臭いが気になる。 いや、気づいていないかも? 過敏性大腸症候群などでお腹の調子が悪いと口臭がきつくなる。 そんな思いをしたことがありませんか?

過敏性大腸症候群 改善 ⇒続きはコチラ 

大腸内視鏡検査 大腸内視鏡検査は経験した人には 苦しいとかつらいという方もいるようですが、 私の場合は、

過敏性大腸症候群 改善 ⇒続きはコチラ 

関連ページ

IBS(過敏性大腸症候群) 原因
下痢と便秘を繰り返す。IBS(過敏性大腸症候群) 原因

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 大腸ガン検査 酵素ドリンク 健康茶 カイテキオリゴ 血液検査キット